宮前梨組合の紹介

宮前梨組合は有馬地区6園,土橋・野川地区3園、中原地区2園でタウンニュース紙による宣伝活動を含めて梱包資材等の共同購入や栽培技術勉強会を 実施し組合員相互の親睦と栽培技術のレベルアップに努めています。
また、県・市園芸協会果樹部及び農協果樹部主催の梨立毛進会,品評会等で当組合員から常に上位で入選して います。
生産直売品目は、梨(幸水・豊水・あきづき・20世紀・新星・新高)を始め
ぶどう、キウィフルーツ、イチジク他です。


 

宮前梨組合の歴史



 

昭和32年に宮前区中有馬地区で東京都稲城市より廃園する方から樹を譲り受け、苗木の新植とともに梨栽培がスタートしました。その後、翌 年にかけて同有馬地区の4農家が梨栽培をはじめました。品種は20世紀,長十郎,新高等で当時の市場価格はたいへん安いものでした。
 昭和41年に東急田園都市線が開通し昭和43年からはじまった有馬,鷺沼地区の土地区画整理により町が整備され、人口が年々増加し、生産者が鷺沼駅前等で直売をするよになりました。この頃から都市農業の問題がはじまりました。品種は早生の旭が人気ありました。
 昭和45年から野川地区の圃場(現在は廃園)で農業改良普及所の指導により、梨の栽培技術改善が行われました。竹棚から鉄線吊り棚へ変わり、農薬散布機が導入されました。品種は長十郎,旭から幸水,豊水への更新がはじまりました。
 昭和50年頃から幸水,豊水の人気に拍車がかかり栽培技術も進歩し、防除も共同で大型散布車を使うようになりました。
 又、環境にやさしい農業をめざしコンフュザーを導入。化学農薬を最大限削減に努めています。
販売方法も直売所と庭先販売から徐々に地方発送へと比重が変わってきました



※.共同で購入した病害虫防除機
 
※.環境保全型農業をめざし、コンフュザーの導入による化学農薬削減に努めています。

 

◎問合せ
 
JAセレサ川崎宮前支店まで

TEL 044(866)4231