多摩川梨について


多摩川梨の歴史!

 

 川崎で梨栽培がはじまったのはたいへん古く、1650年代(江戸時代の初期)すでに川崎大師河原で栽培された記録があるが、果樹として栽培が盛んになったのは寛政時代(1750年代)といわれている。
 いずれの地方より移入されたのかはあきらかでないが、下総方面より伝わってきたものと推測される。
 その後、安政年間(1855年頃)の津波によって栽培が衰えたが再び増加、明治15年〜25年頃にかけて稲田村、生田村(現在の多摩区)にも梨栽培が拡大された。

 明治26年9月、大師河原(現川崎区日の出町)に住む当麻辰次郎氏が自分の梨園で、他の梨とは違う品種を発見した。
 当麻辰次郎氏の家は「長十郎」という屋号で呼ばれていたため、この梨を長十郎と命名した。
 しかし、この長十郎は当時あまり注目されなかったが、明治30年、黒星病が大発生し、当時のほとんどの品種が壊滅状態であったが、長十郎は被害が少なく、以後「病気に強い品種」として梨栽培者が急増した。

 大正の終わり頃の川崎の梨栽培面積は200ヘクタールを超え、関東地方の一大産地であった。
 しかし川崎は昭和のはじめにかけ工業都市として飛躍的な発展をとげ、これにともなって昭和8〜9年頃は大師から梨園が姿を消した。

 
川崎南部地区で梨園が減っていく一方で、梨栽培は多摩川を北上し高津、稲田、生田、菅、さらには稲城、から国立、昭島にまで盛んになっていった。
 各村で梨を栽培している農家はそれぞれに組合を作り、生産から販売まで協力していたが、明治、大正時代は地区単位の活動が中心で、各地区の組合が一同にまとまることはなかった。
 昭和2年、はじめて多摩川沿いの組合が一致団結し、生産.販売を行うことになった。
 第一次連合会が結成され、梨生産者が技術の研究.交流、販売.出荷、資材の統一、宣伝などを協力して行った。
 この時点で「多摩川梨」の名称に統一された。
 こうして「多摩川梨」は東京近郊の市場で有名になった。

 昭和2年10月には、多摩川梨が天皇、皇后両陛下に献上され、生産者の代表2名が皇居坂下門より入城し「早生赤」160個を献上した。
 さらに昭和8年と9年の両年、朝香宮に「二十世紀」一箱を献上するなど、多摩川梨の全盛時代であった。

 昭和16年、第2次世界大戦が勃発し、食糧事情のひっ迫とともに作付統制令により、多摩川梨は不急不要作物に指定された。
 梨栽培がとくに盛んだった多摩川流域は、いずれも水田利用であったので伐採を余儀なくされ、とくに川崎市内の梨は強制的に伐採を命ぜられ、ほとんどが壊滅した。
 終戦当時の栽培面積は36.5ヘクタールと最盛期であった230ヘクタール(昭和14年)の6分の1に激減した。

 
川崎市では名産「多摩川梨」を復興させようとと5か年計画をつくり、果樹苗導入に対して助成を行い増殖をはかった結果、昭和38年には125ヘクタールと戦後最高を記録した。
 しかしこれ以降、高度経済成長による都市化と労働力不足などの要因によって
、栽培面積が減少するようになった。

 以上、現在に至る。

もぎとり会記念誌
 「多摩川梨もぎとり連合会35年のあゆみ」より抜粋しました。


現在の多摩川梨

 JAセレサ川崎果樹部を本部に稲田,菅,生田,柿生,中部(高津.向丘.宮前.中原)の5支部で産地直売,地方発送,一部もぎとり等で活動しています。
 又、平成4年に神奈川の農林水産ブランド品認定、かながわ名産百選入選するなど伝統のある歴史の古い梨産地として後継者に受け継がれています。

 梨の品種は幸水,豊水,長十郎,20世紀,あきづき,新星,新高等で多種の梨が賞味できます。


◎JAセレサ川崎果樹部
○中部支部→長尾宇奈根、二子、諏訪、溝ノ口、北見方、坂戸、
        
◎宮前梨組合→有馬、小台、土橋、野川、中原
○稲田支部→堰、宿河原、登戸、中野島
○菅支部→仙谷.城下、芝間.天宿、北浦、馬場、稲田堤東、稲田堤西
○生田支部→土淵、明王宿、細山
○柿生支部→黒川、早野


 

◎宮前梨組合の問合せ

JAセレサ川崎宮前支店まで
  電話 044-866-4231